マルディグラ銀座店のフレンチ料理が人気!料金やメニューを紹介

マルディグラ銀座店

マルディグラは豪快なフレンチが魅力の銀座の名店。なかでもシェフの和知徹さんといえば肉料理で有名です。

実にシンプルな調理の方法であるにもかかわらず、肉塊の旨味を極限まで引き出す技はプロ!

それだけでなく、「素材の良さを引き出して、それ以外の余計なものは引き算」という考え方のシェフならではの、妥協のない素材選びがすごいところ。

わざわざ産地へ出向き生産者と会話を重ね、飼料にまで気を配り、食材を仕入れる。そんなこだわりのシェフの料理ってどんなものなのでしょう。ここでご紹介します!!

スポンサーリンク

マルディグラ銀座店の店舗情報

イパネマステーキの値段

シェフがブラジルを旅行した際に、イパネマ海岸で出合った赤身肉のステーキが美味しくて、メニューにしたのが塩漬けした尾崎牛をグリルした【イパネマステーキ】なんです!

丹波の黒豆でつくったというデミグラスソースがまた絶品!そんな風にシェフご自分で味わって美味しいと感じたものをリストにしているそうですよ♪

牛、豚、羊、鶏……、先ほどご紹介したとおり、仕入れる肉の目利きは妥協しないというこだわり。牛が尾崎牛と短角牛、豚が今帰仁村のアグーと奄美大島の黒豚。

「特に飼料からこだわった肉というものが、やはり安心できますし味の引き出し方がイメージしやすいのです」とのことで、相当のこだわりをもって料理されているところは、是非食してみたくなりますね。

ワインの種類

さらに、牛であれば、現在使っているのは尾崎牛と短角牛の2種で、これもこだわりの一つ。また、ソーセージはイベリコ豚を使った自家製で、全てにこだわっていることが伝わります。

料理もワインもこだわればこだわるほど情報が多くなって、相当比較しないと良さを見極めるってなかなかできませんよね。

でもここは難しいことは何もなし。単純で明快、豪快な料理、美味しいワインで、ご自分が経験したこと それに自分流のアイデアを少し加えるというポリシー。この難しさはないところが、非常に私たちにもありがたいですね!

スポンサーリンク

フレンチ料理の料金やメニューは?

マルディグラの料理

『男のニューハンバーグステーキ2』
(¥3,400)
こちらは、マルディグラで大人気の一品。ロングセラーの一皿です。

『尾崎牛モモ肉のイパネマステーキ』
(¥3,900)
シェフがブラジル・イパネマ海岸を旅した時に、美味しいと感じたステーキをもとに考えだした一品。フェイジョアーダ風の丹波の黒豆もオススメです!

『天草大王のフライイングバード』
(¥3,600)
熊本の天草地方で飼育された日本最大の鶏の天草大王をつかった、香り高いスパイシーなフライドチキンです。フライドチキンにしては高額ですが、食べる価値はありですよ!

マルディグラのメニュー

ここで、アペタイザーを少しご紹介。
・ピンチョス 1,500円
・リエット  1,450円
・田舎パテ 1,850円
・モツ キュイジーヌ 28 1,950円
・山のサラミいろいろ 2,000円
・プラハのハム 2,400円

その他のメインメニューです。
・白糠産茶路めん仔羊腿肉のトルコ式ケバブ 4,300円
・ラム肩肉・牛シンタマと内臓のグリル アルゼンチンスタイル 4,000円
・岩手産豚骨付きロースト サンセールスタイル 2,650円

口コミや待ち時間はこちら

マルディグラの口コミ

・『終始混んでいて、大盛況でした。カウンターもあるので空いていれば1人でも気軽に入れそうな雰囲気です。』

・『結構満席かと思いきや、19時からの予約で席は2/3ほど埋まっている状態でした。銀座だからでしょうか?月曜というのもあったのかも。』

・『ミニマムな店内に人でびっしり!!やはり人気店ですねー!曜日に関係なく予約をしておく方がいいと思います。』

・『肉をガッツリ食べたいときにオススメのお店です。できれば2人ではなく、3,4人で行った方がいいかもしれません。』

・『2人だとこのくらいでお腹パンパンになっちゃうけど、他にも魅惑すぎる肉メニューがたくさん!大人数で来て、ワイワイ肉にまみれながらワインを飲むのが正しい楽しみ方だよ!』

・『早い時間の訪問だったこともあるかもしれませんが、つかずはなれずの心地よい接客もあり居心地もよかったです。』

・『気軽な価格ではないが、いい肉食べた!という満足度は高い。またステーキ食べたい病が発症したら、真っ先にここのステーキを思い出すんだろうな。』

お料理やお店に行くときに気になるクチコミはこんな感じです。

結構お肉ガッツリ系の方々が好まれるお店のようで、一人で行くのもいいでしょうが、複数人数でいくのがいろいろ楽しめて良さそうですね。

また、お肉に関しては、メニューも豊富なので、2~4名くらいでいろいろな料理をシェアしながらの食事も楽しいかもしれませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク